複数の複合機が必要な企業や会社もありますが、設置場所だけでなく初期費用が負担になってしまいます。できるだけ経費を削減したい時は、複合機を購入しないでリース契約した方がいいでしょう。リースなら新機種や希望するメーカーを自由に指定できるメリットがあります。

複合機を購入した場合は、資産とみなされてしまうので減価償却が発生します。税制上の負担を軽くしたい時は、複合機を購入しないでリース契約の方がおすすめです。要するに購入すると資産になってしまいます。複合機は使用している間にトナーが劣化してしまうので交換するのに費用がかかります。リースで使用すれば、トナー使用のオプションサービスやカウント数などでリース代金を決めることができるのでお得ではないでしょうか。

複合機の移動や設置で頭を抱えている経営者も多いようです。自社所有の場合は、運搬や設置費用が自己負担になりますが、リースなら契約会社にすべて任せることができるので便利です。リース契約なら、それぞれの企業や会社の都合で附帯サービスを選ぶことができますし、月々の支払だけでクオリティーの高い複合機を設置できるメリットがあります。新品の複合機を設置したい時は、リース契約がおすすめです。