賃貸アパートや賃貸マンションの経営をする場合、安定した賃料収入を得るのは非常に難しいことです。しかし賃貸物件には家賃保証の仕組みがあるのをご存知でしょうか?ここでは家賃保証という仕組みのメリットについて考えてみましょう。
賃貸アパートや賃貸マンションの経営方法の一つに一括借り上げ(サブリース)という仕組みがあります。
賃貸物件を経営するオーナーにとって最も大きなリスクは、空室が存在することで収入が減るということです。しかし家賃保証をしてくれる一括借り上げにすれば不安は解消します。一括借り上げでは、不動産会社とサブリース契約をすることでオーナーには一定の賃料が入ってくるのです。ローンを返済していかなければならないオーナーにとって収入が安定するので空室のことを気にしなくて済みます。
一括借り上げでは、居住者の家賃の滞納があった場合も同様に賃料を保証してくれるというメリットもあります。家賃の支払いの督促をするという手間も省けます。
一括借り上げでは入居者の募集もやってくれます。これまで賃貸経営の経験のないオーナーの方は、物件の管理の全てを行ってくれる一括借り上げを導入し、家賃保証で安定した経営を行いましょう。

賃貸保証(家賃保証)とは – フォーシーズ株式会社

コメントをどうぞ